/

この記事は会員限定です

NTT・日立、出社2割以下

緊急事態4度目で在宅再拡大 IHI、五輪対応前倒し

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染者が増加する東京都での緊急事態宣言を受け、企業が在宅勤務を再拡大している。NTT日立製作所は出社率を2割以下に引き下げ、三菱ケミカルやホンダは原則、在宅勤務とする。IHIは五輪開催に合わせて予定していた出社抑制を前倒しした。コロナ後を見据えた新しい働き方の模索も始まっている。

日立製作所は宣言対象地域で出社率を15~20%に抑える。6月末の東京都内の実績は約30%だった。緊急事態宣言の発令で再...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1274文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン