/

この記事は会員限定です

EV駆動モーター供給

日本電産、佐川採用車種に

[有料会員限定]

日本電産は15日、同社の電気自動車(EV)用駆動モーターが日本のEV関連スタートアップのASF(東京・港)が開発する車種に採用されたと発表した。SGホールディングス傘下の佐川急便が国内での配送用トラックとして採用した車種で、日本電産製の駆動モーターが国内で運行するEVに使われるのは初となる。

供給するのは駆動モーターのほか、直流電流を交流に切り替えるインバーター。ASFが開発・設計し、中国・広西...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り313文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン