/

(サステナ塾) 食品ロス削減、小売企業の役割

流通構造改革・ニーズも深掘り

[有料会員限定]

毎年、約13億トンの食品が廃棄されている。これは世界の食糧生産の3分の1にあたる量だ。世界人口の増加で深刻な食糧危機が懸念されている。だが仮に、廃棄せず全ての食料を食べられる世の中になれば、人々の胃袋を満たし、危機の深刻化を食い止めることができる。

食品ロス全体のうち、小売りの段階で発生しているのは実はごく一部だ。この部分を削減する努力は欠かせないが、小売企業は、より大きな食品ロスが発生している川...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン