/

この記事は会員限定です

日系企業、東南ア事業に影

コロナ急拡大、清水建設はインドネシア退避

[有料会員限定]

【ジャカルタ=地曳航也、バンコク=村松洋兵】東南アジアで新型コロナウイルスの感染が急拡大し、日本企業にも打撃が広がってきた。インドネシアからは清水建設などが駐在員を一時退避させた。タイでは事実上のロックダウン(都市封鎖)により事業に制約が出ている。

清水建設は14日、インドネシアに駐在する社員やその家族ら52人を特別便で一時帰国させた。現地に残る社員も順次、帰国させる方針だ。宮本洋一会長は14日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り585文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン