/

この記事は会員限定です

アルプスアルパイン、実らぬ再編

CASE後手 2期連続赤字

[有料会員限定]

アルプスアルパインが2019年に実行した事実上の経営統合の果実を得られないでいる。21年3月期の連結最終損益は38億円の赤字(前の期は40億円の赤字)と2期連続の赤字。「車載事業の拡大は単独では厳しい」という点が統合の狙いだったが、肝心要の車載事業が業績不振を招いてしまった。顧客の変化のスピードを読み誤ったことが響いている。

アルプス電気は19年1月、株式の4割を出資する連結子会社だったアルパインを完全子会社化した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1136文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン