/

この記事は会員限定です

ワコール、3D測定で挽回

50年分データと融合、若者開拓 触れず販売、対ユニクロ

[有料会員限定]

ワコールホールディングス(HD)がビッグデータを活用し、弱点だった若者の顧客を取り戻す。「ユニクロ」のブラジャーなどが席巻するなか、百貨店や専門店で30代以上を中心に売るだけではジリ貧になりかねない。50年余り測り続けた女性の体形データに、3次元(3D)の全身スキャナーなどのデジタル技術を組み合わせ、伝統的な下着事業を変革する。

「全身のデータをくまなく見られる点がいい」。7月、都内在住の20代女性は東京・渋谷のワコール...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1313文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン