/

この記事は会員限定です

中国、国産ブランドが台頭

若者、海外発より実利

[有料会員限定]

「独身の日」に次ぐ中国最大級のネット通販セール「6.18セール」。2021年も中国ネット通販2位の京東集団(JDドットコム)の取扱高が、過去最高の3438億元(約5兆8000億円)となるなど活況だった。なかでも富裕層による高額商品とともにセールを盛り上げたのが、中国語で「国潮」と呼ぶ新たなトレンドだ。

国潮とは「中国」と「潮流」を掛け合わせた造語で、国産ブランドの商品を再評価する動きを指す。中国で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り817文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン