/

この記事は会員限定です

バイオマス発電のイーレックス「石炭を転換」で成長

燃料も自社生産に

[有料会員限定]

バイオマス発電大手のイーレックスが脱炭素の流れに乗り業績、株価ともに堅調だ。再生可能エネルギーを求める顧客が増え、過去5年間で平均の売上高成長率は4割超。バイオマスは植物など燃料の確保が難しいが、ベトナムでの自社生産に乗り出したほか、石炭火力発電所のバイオマス転換にも成長機会を見いだしている。

イーレックスは1999年、日短エクスコ(現日短キャピタルグループ)の事業多角化の一環で、日短エナジーとして設立した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1411文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン