/

この記事は会員限定です

工場の計器 カメラで監視 リルズ、全国で拡販

IoT、簡単に構築 5年で売上高60億円目標

[有料会員限定]

ITベンチャーのLiLz(リルズ、沖縄県宜野湾市)は、化学プラントや発電所などで使われる多数の計器を小型カメラで監視するシステムを開発し、本格販売を始めた。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を工場などで簡単に構築でき、監視員が巡回して確認する作業を削減できる。システム開発会社などとこのほど販売代理店契約を結び、オフィスビルや医療機関、ホテルも開拓。今後5年で12万台の販売、売上高で60億円を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り924文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン