/

この記事は会員限定です

Synamon、VRで家屋調査研修

三井住友海上と共同開発

[有料会員限定]

仮想現実(VR)開発のSynamon(シナモン、東京・品川)は三井住友海上火災保険と共同で、地震保険の支払いに必要な家屋損害調査の研修用VRを開発した。三井住友海上が7月末に導入し、2021年度中に500人が受講する。VRは自動車事故の損害調査でも活用しており、風水害の家屋損害調査向けでも開発を進める。

受講者が専用ゴー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り161文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン