/

この記事は会員限定です

「普段着の日本語」学ぼう 哲学者が説く 論理力の鍛え方

哲学者 野矢茂樹氏 言葉の断片化、とても危ない

[有料会員限定]

ビジネスや教育など様々な分野で、論理力の強化が求められている。ものごとを道筋に沿って、きちんと伝える能力のことだ。大学入試が変わり、来年から高校で「論理国語」の授業が始まるなど教育機関も動き出した。どう育て、鍛えるか。国語教科書の編集にも携わってきた哲学者、野矢茂樹さんに聞いた。

――現状をどうみますか。

「危険な感じがします。言葉と言葉をちゃんとつないで、議論ができるようにするのが論理。論理力と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1404文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン