/

法改正で配慮義務化

[有料会員限定]

ウェブアクセシビリティーを巡っては、2016年に施行された障害者差別解消法の基本方針のなかで、誰もが円滑に情報の取得・利用・発信ができるための合理的配慮が求められている。これまで合理的配慮の提供は行政機関のみ義務付けられており、民間の事業者は努力義務だった。ただ21年5月の改正により、民間事業者にも義務化されることとなった。

9月のデジタル庁発足に伴い施行されるデジタル社会形成基本法の基本理念には...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン