/

サイトやアプリ 誰にも優しく

メルカリ、大学などと連携 文字大きく背景はっきり

[有料会員限定]

企業の間でウェブサイトやアプリを身体的な条件などに関わらず誰もが使いやすい設計に改善する動きが広がり始めている。文字情報の読み上げ機能やキーボードでの操作などに対応する。新型コロナウイルス下で電子商取引(EC)サイトの利用者も増えるなか、誰もが気軽に情報を取得し買い物を楽しめる環境の整備が求められている。

メルカリは2017年に立ち上げた研究開発組織「メルカリR4D」のなかに、障害を持つ人や高齢者など、あ...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン