/

この記事は会員限定です

著作物、一括で権利処理

政府きょう決定、利用許諾の負担減

[有料会員限定]

政府は13日、知的財産戦略本部(本部長・菅義偉首相)を開き、「知的財産推進計画2021」を決定する。著作権管理団体に委託していない人のコンテンツも一元的に権利処理できるようにし、利用許諾の負担を軽減する。過去の映像やアマチュア作品などを利用しやすくし、権利者への適正な対価還元を目指す。

日本音楽著作権協会(JASRAC)など分野ごとの集中管理団体が権利処理を請け負うことが多いが、委託していない人の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り278文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン