/

この記事は会員限定です

ソニー、非財務資本9兆円 知財や人材力、高PBRに反映

脱炭素推進、5年で17倍

[有料会員限定]

ソニーグループのPBR(株価純資産倍率)が高水準で推移している。足元で2.5倍前後とパナソニック日立製作所、日経平均株価を上回る。市場で評価されている一つが、環境負荷低減や知的財産活用といった「非財務価値」だ。いち早くESG(環境・社会・企業統治)の取り組みについて投資家と対話し、企業価値に結びつけようとしてきたことが奏功している。

エーザイの最高財務責任者(CFO)で早稲田大学客員教授も務め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1558文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン