/

この記事は会員限定です

ノーベル賞追い風に改革

島津製・矢嶋元社長死去

[有料会員限定]

7日死去した島津製作所元社長の矢嶋英敏氏は、京都の名門企業にあって異色の経営者だった。途中入社で、慶大文卒と島津の社長としては初めての私大出身者。防衛庁(当時)や、国産旅客機を開発した日本航空機製造に勤めた後、42歳の時に島津に入社した。航空業界での営業の辣腕ぶりが買われ、スカウトされた。(社会面参照

豪放磊落(らいらく)で物おじしない性格。社長に就くと「研究開発こそが島津の命だ」と説く一方、技術開発が独...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り340文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン