/

医療現場のDX、5Gが後押し

ドコモやソフトバンク主導

[有料会員限定]

医療現場のデジタルトランスフォーメーション(DX)に高速通信規格5Gを活用する取り組みが増えている。NTTドコモは川崎重工業などと遠隔手術の実用化を目指す。ソフトバンクはスタートアップと人工知能(AI)を駆使して病変を早期発見するシステムを開発する。通信大手は大容量通信が可能な5Gならではのサービス開発を急いでおり、医療はその有望分野の一つとみている。

ソフトバンクは消化器の内視鏡検査の映像を5...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン