/

この記事は会員限定です

租税回避 米欧企業が積極的

[有料会員限定]

▽…多国籍企業による各国・地域の税率差を利用した節税のこと。税率の高い国で計上するのが自然な所得を低税率国の関連会社に移し替え、グループ全体として税負担を軽くする。税率が高い国の会社から低い国の関連会社に高額の利子を払う例がある。高税率国の会社が開発した特許などの無形資産を低税率国の関連会社に譲渡し、その関連会社で特許収入を稼ぐ手法もある。

▽…米欧企業が積極的で、税負担を減らす工夫はタックスプランニ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り255文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン