/

この記事は会員限定です

競争政策、半世紀ぶり転換

勝者総取り経済に一石

[有料会員限定]

米国の競争政策が転機を迎えた。バイデン大統領が競争促進の大統領令に署名し、一握りの企業にシェアが偏りすぎないよう規制を強化する方向にかじを切った。独占に目をつぶってでも企業の国際競争力の向上を優先する1970年代以来の路線の抜本的な軌道修正になる可能性がある。

過去半世紀ほど、米当局は独占行為に寛容だった。経済効率が高まり、消費者が低価格を享受できるのなら独占も容認する。「シカゴ学派」と呼ばれる学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り942文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン