/

この記事は会員限定です

「テクノロジー、世界良くする」米ITの信条守れるか

[有料会員限定]

「Zoom(ズーム)」の画面越しだったが、エリック・シュミット氏の単独インタビューは12年ぶり。前回の同氏の役職はグーグルCEOだった。世界最強ともいえるインターネット企業を育てた経営者が、米政府にAIの軍事活用を助言する。その立場の変遷が、テクノロジーを巡る世界の情勢変化を表している。

「転身」のきっかけは、当時の国防長官からの電話だったという。最初はあまり乗り気ではなかったが「『お国のために』...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り467文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン