/

この記事は会員限定です

味のデータで食品開発

伊藤忠、メーカーや卸支援

[有料会員限定]

伊藤忠商事は食品の関連データを分析して、商品開発に生かすサービスを始める。発売済みの食品の味や消費者の好みなどをデータ化して、市場調査や商品企画に生かせるシステムを開発した。食品メーカーや卸、小売りに販売し初年度に200社への導入を目指す。

データ活用ソフトのウイングアーク1stと、味覚センサーで味の解析を手掛ける味香り戦略研究所(東京・中央)、消費者購買データの分析をする電通リテールマーケティング(東京・港)と組ん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン