/

この記事は会員限定です

デジタルツイン、現実空間を仮想上に再現

街づくり、接客向上にも

[有料会員限定]

仮想空間に現実空間を再現する「デジタルツイン」の活用が広がっている。これまでは製造業などで利用されてきたが、新型コロナウイルス禍で世界的に人の動きが一時制限されたのを機に、働き方や接客手法での利活用も進んできた。

「コロナ禍でも友達と集合して街歩きが楽しめそう」。3月に三越伊勢丹ホールディングスが実施したデジタルツインの実証試験の参加者からはこんな声が聞かれた。同社はデジタル空間に伊勢丹新宿本店など新宿の一部エリアを再現。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り825文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン