/

この記事は会員限定です

電子処方箋、普及に壁

厚労省が医師資格の証明要求、患者の利便性置き去り

[有料会員限定]

オンラインで医師の診察を受け、紙の処方箋を使わずに自宅に薬を届けてもらう。こうしたデジタル完結型医療が壁にぶつかっている。政府は2022年夏の開始を目指すが、電子処方箋への署名に使う資格証カードを持つ医師が5%にとどまっている。医師が署名できないことを理由に電子処方箋が普及せず、患者の利便性が向上しない事態が懸念される。

新型コロナウイルス禍を契機に初診を含むオンライン診療が認められるようになった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン