/

この記事は会員限定です

外来医療、病院の分担明示 来年度から

厚労省、受診効率化へ報告制

[有料会員限定]

厚生労働省は患者が効率的に病院を受診するように、2022年度から外来医療に関するデータの報告を医療機関に求める。一部の病院に外来の患者が集中することで待ち時間が増えたり、医師の負担が偏ったりする現状を改善する。新型コロナウイルス感染症で課題に浮上した医療機関の役割分担を明確にする狙いもある。

7日に外来の報告制度を検討する専門家会合を初めて開催した。年内に報告制度の詳細をまとめる。

5月に成立した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り554文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン