/

この記事は会員限定です

石見の銀、本物の輝き 秀吉の命で製造「丁銀」展示

島根・出雲の歴史博物館

[有料会員限定]

島根県出雲市の県立古代出雲歴史博物館は、2007年7月に世界遺産登録された石見銀山遺跡(同県大田市)の登録月に合わせた特別イベントとして、豊臣秀吉や戦国時代に銀山を管理していた毛利氏の命で製造された丁銀の実物を展示している。8月2日まで。

ナマコ形の丁銀は必要な分を切り取って貨幣として使われたため完全な形で残るのは珍しく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り162文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン