/

この記事は会員限定です

(社説)病院は今こそ働き方改革を

[有料会員限定]

勤務医の長時間労働削減に向けた働き方改革が本格化してきた。新型コロナウイルスの流行下だけに「医師不足に拍車がかかりかねない」と不安視する声もある。だが医療現場のコロナへの対応力を強くするためにも改革は必要だ。

2019年の働き方改革関連法施行で産業界には「労使が合意しても残業は年720時間まで」という罰則付き規制が導入された。勤務医は地域医療への影響を考慮して適用を5年間猶予されたが、その期限まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン