/

この記事は会員限定です

〈今期業績を聞く〉コマツ、純利益37%増

最高財務責任者 堀越健氏 在庫不足、上期中に解消

[有料会員限定]

コマツの業績が回復している。2022年3月期は連結純利益(米国会計基準)が前期比37%増となる見通しだ。北米や欧州、東南アジアで住宅やインフラ投資が活発化し、建機需要が伸びる。業績見通しや財務戦略を堀越健・最高財務責任者(CFO)に聞いた。

――今期は売上高13%増、営業利益34%増を見込んでいます。足元の需要はいかがですか。

「受注は全体的に決算発表時の想定より好調だ。北米は株高による資産効果を背景に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1054文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン