/

この記事は会員限定です

MS&AD傘下2社、保険金支払いもシステム統合へ

[有料会員限定]

MS&ADインシュアランスグループホールディングス傘下の三井住友海上火災保険、あいおいニッセイ同和損害保険が新たな保険金支払いシステムを共同で開発する。早ければ2025年度にも一体運営を始める。原則すべての個人向け商品の保険金請求で書面による手続きを不要にし、業務の効率化を図る。

今後数年かけて両社の事務手続きを確認し、会計処理などへの影響を洗い出す。MS&ADは10年の発足以来、傘下の損保2社を合併させず、商品や販売経路で両社の強みを生かす「機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り361文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン