/

この記事は会員限定です

国の税収、最高の60.8兆円

20年度決算、剰余金4.5兆円も最多

[有料会員限定]

財務省が5日発表した2020年度の国の一般会計決算によると、歳出と歳入の差額にあたる剰余金が4兆5363億円と過去最高だった。税収が過去最高の60兆8216億円となったのに加え、予算執行を断念した不用額が膨らんだ。

剰余金は政府・与党が検討する経済対策のための補正予算の財源になる公算が大きい。

税収はこれまで最も多かった18年度の60.4兆円を超えた。新型コロナウイルスの影響が限定的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン