/

この記事は会員限定です

ディープフェイク防止へ、企業のリスク対策急務

[有料会員限定]

広がりを見せる合成メディアだが、他人になりすまして嘘の情報を拡散する「ディープフェイク」として悪用されるリスクもある。

「1人の人間が何十億人分の個人情報を手にできる」。19年にはあたかも米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏本人が語っているかのような映像がネット上に出回り話題になった。その前年にはバラク・オバマ元米大統領が当時のドナルド・トランプ大統領を罵る偽動画がネットに流れた。いずれも合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り898文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン