/

この記事は会員限定です

高卒就活、併願にカジ 和歌山が導入、大阪も来年度検討

内定辞退や長期化に懸念

[有料会員限定]

高校生の就職活動で1人につき1社しか応募できない慣行が関西で変わろうとしている。和歌山県が2021年度に複数応募を導入したのに続き、大阪府も翌年度から見直す方針だ。生徒が企業を比べやすくして、ミスマッチによる早期の離職を防ぐことを狙う。ただ、内定辞退が相次ぐ可能性があり、単願による求人を続ける企業も目立つ。

和歌山県の複数応募は22年春の卒業生からで、全国では沖縄県と秋田県に続く動き。生徒は高校に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン