/

この記事は会員限定です

AI使い次世代救急 鎌倉市など実験、搬送時間を短縮

[有料会員限定]

神奈川県鎌倉市は5日、同市医師会、医療スタートアップのTXPメディカル(東京・文京)と連携し、次世代救急の実証実験を始めると発表した。人工知能(AI)を活用したアプリなどを用いて、救急隊が病院に患者情報を送信することで、搬送時間の短縮や病院側の受け入れ準備などに活用する。

3者が連携協定を結び、事業を説明した。実証実験は8月から開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン