/

この記事は会員限定です

中国、社債不履行2兆円 上期最高

企業の信用揺らぐ、低格付け債の利回り10%台

[有料会員限定]

中国の社債の債務不履行(デフォルト)が増加の一途をたどっている。2021年1~6月のデフォルト額は約2兆円と上期として過去最高を記録した。海外投資家も警戒感を強め、外貨建ての低格付け債の流通利回りは平均で10%に乗せた。習近平(シー・ジンピン)指導部は過剰債務の圧縮を優先するが、企業の資金調達への悪影響が広がれば景気の重荷になりかねない。

中国の情報会社、大智慧によると1~6月の国内社債の不履行は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1516文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン