/

この記事は会員限定です

神鋼不、30年度までに全施設再エネ化

太陽光パネル設置

[有料会員限定]

神鋼不動産(神戸市)はオフィスビルや商業施設など約110の保有資産が使う電力を2030年度までに再生可能エネルギー由来のものに切り替える。施設の屋根などに太陽光パネルを設置し必要な電力を生み出すほか、化石燃料由来の電力でないことを示す「非化石証書」の付いた電力を調達する。入居企業や店舗の間で高まる環境意識に対応し、物件の競争力を高める。

主な手法の一つが、保有施設の屋根などに設置する太陽光パネルだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り240文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン