/

この記事は会員限定です

独ボッシュ日本法人、定年技術者を社外派遣

活躍の場広げる

[有料会員限定]

自動車部品世界最大手の独ボッシュの日本法人は8月にも、60歳で定年退職する技術者を社外に派遣する制度を始める。ボッシュが仲介役となり自動車部品の設計や開発などの専門人材と、メーカーなどをマッチングする。同社は定年後の再雇用制度を設けているが、専門性の活用や柔軟な働き方ができる職場も提供し、シニア人材の選択肢を増やす。

社外派遣の希望者は退職時に、ボッシュの社内システムに自身の専門分野や経験、性格な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り352文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン