/

この記事は会員限定です

ハイデ日高、28億円赤字

今期単独営業、時短・酒類制限響く

[有料会員限定]

ラーメン店「日高屋」を運営するハイデイ日高は2日、2022年2月期の単独営業損益が28億円の赤字(前期は27億円の赤字)になる見通しだと発表した。これまで通期予想は非開示だった。ワクチンの普及により秋以降の需要回復を見込むが、営業時間の短縮要請や店舗で酒類提供が制限されている影響が残ると判断。2期連続の営業赤字になる。税引き損益は時短協力金の計上で黒字に転換する見通しだ。

売上高は前期比1%増の300億円の見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り956文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン