/

この記事は会員限定です

福島・浪江町、水素供給網構築へ連携

丸紅などと5者で

[有料会員限定]

福島県浪江町は2日、水素活用を推進するため、丸紅日立製作所パナソニック、みやぎ生活協同組合(仙台市)と協定を結んだ。世界最大級の水素製造拠点が立地する浪江町で、水素のサプライチェーン(供給網)づくりに共同で取り組む。

電力を全て再生可能エネルギーで賄う「RE100産業団地」整備でも連携する。

丸紅とみやぎ生協は2020年度、町内で家庭などへの水素供給の事業性を調査した。結果を踏まえ、水素需要の拡大や設備導入コストの低減...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り239文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン