/

この記事は会員限定です

中央省庁、女性課長5.9%

昨年度微増、内閣府まとめ 目標7%を下回る

[有料会員限定]

中央省庁の本省で働く課長や室長級職員の2020年度の女性比率は全体で5.9%となり、政府目標の7%を下回ったことが内閣府のまとめで分かった。前の年度からは0.6ポイント上昇したが、対象18機関のうち、国家公安委員会(1.4%)や防衛省(1.8%)など7機関で下回った。

政府は、昨年末に閣議決定した第5次男女共同参画基本計画で、課長や室長級職員の女性比率を25年度末には10%まで引き上げる新たな目標...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り233文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン