/

この記事は会員限定です

富士通、コロナ禍の病院支援

手術室の稼働率低迷要因を分析

[有料会員限定]

富士通は病院の手術室の稼働率を「見える化」するシステムを開発した。新型コロナウイルスの流行が続くなか、手術室の稼働率が低迷する病院は少なくない。病院収入の6割を占めるといわれる手術の運用効率を高め、コロナ禍の病院経営の改善を支援する。

このシステムは、手術室の稼働状況を曜日や時間帯ごとに把握し、稼働率を下げている要因を分析する。待機患者数や緊急手術件数なども一覧で把握できるほか、診療科ごとに割り当てられ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン