/

この記事は会員限定です

スマホOS 取引実態調査

政府、グーグル・アップル念頭

[有料会員限定]

政府のデジタル市場競争会議の作業部会は30日、スマートフォンに搭載する基本ソフト(OS)市場を巡り、巨大IT(情報技術)企業の取引実態を調べると発表した。日本のOS市場であわせて9割以上のシェアを持つ米グーグルや米アップルを念頭に置く。競争に悪影響を与える行為があれば、独占禁止法などによる規制強化も視野に入れる。

市場が広がるスマートスピーカーとウエアラブル端末を巡っても、支配的な立場を利用して顧...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り437文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン