/

この記事は会員限定です

自動配送ロボ、申請簡素化

警察庁、実験済みは提出書類減

[有料会員限定]

警察庁は30日、自動配送ロボットの走行に当たって必要な手続きを簡素化させる新たな基準を公表した。実証実験を始めたロボットについては走行許可を求める際の提出書類を減らすなどし、走行エリアの拡大や継続的な運用につなげる。

道路使用の可否を審査する全国の都道府県警察に対し、同日付で通達した。

時速6キロ以下で歩道を走行する小型の配送ロボットのうち、公道などでの実証...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン