/

この記事は会員限定です

サイバー防衛、日本は最下位グループ

英研究所報告 情報収集能力が弱点

[有料会員限定]

英シンクタンク、国際戦略研究所(IISS)が発表した各国のサイバー能力に関する報告書は、日本を3段階で最も低い「第3グループ」と位置づけた。第1グループの米国、第2グループの英国、中国、ロシアなどよりも下だった。憲法上の制約から情報収集や攻撃能力が見劣りすると指摘した。

報告書は米欧やアジアの主要15カ国について、サイバー分野の戦略や体制、情報収集力、攻撃能力などを比較した。日本を巡っては「(機密...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り544文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン