/

この記事は会員限定です

株主総会「コロナ後」「環境対応」焦点

開催ピーク628社、業績回復策問う声

[有料会員限定]

3月期決算企業の株主総会が29日にピークを迎え、全体の27.3%にあたる628社が開いた。新型コロナウイルス後の業績低迷からの立て直しや気候変動対策などについて、株主から厳しい質問が相次いだ。

2022年3月期に黒字転換を目指すANAホールディングスの総会では、株主から「コスト削減が求められる中で、機材発注の根拠を示してほしい」との質問が出た。福沢一郎最高財務責任者(CFO)は「航空機の導入はメ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1117文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン