/

この記事は会員限定です

ax、AIソフトを200種類に

音声・文章向け開発

[有料会員限定]

人工知能(AI)を使ったソフトウエアを手掛けるax(東京・渋谷)は2021年内に、取り扱うソフトを200種類と、現状より60種類ほど増やす。3次元のCG(コンピューターグラフィックス)や音声認識、文章分析などに対応するタイプを新たに開発する。

業務の効率化や新規事業の立ち上げに活用する企業のAI需要は大きいとみている。利用者がラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン