/

この記事は会員限定です

「デジタル法務」新興が黒子

モンテスキュー 三菱商事へシステム/リーガルフォース 独自の契約慣習に対応

[有料会員限定]

スタートアップの技術が企業法務の効率化を後押ししている。新型コロナウイルス禍のなかで電子署名の普及が先行したが、足元では過去の膨大な書類をビッグデータとして読み込み、取引先との交渉や経営の意思決定に生かす段階に移ってきた。契約の内容を人工知能(AI)でチェックするサービスも充実するなど、新興勢の活躍の裾野が広がっている。

「未体験の法務リスクに直面する企業が増えている」。データベースシステムを提供...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン