/

この記事は会員限定です

優遇税制と金融機関(下)NISA

証券・銀行、扱う商品に違い

[有料会員限定]

税制優遇を活用した資産づくりの話が盛り上がる筧家。良男が、ふと「少額投資非課税制度(NISA)はどの金融機関に口座を作ってもサービスは同じだったかな」と、首をかしげます。「とんでもない」と、幸子と恵が首を振って否定します。

幸子 NISAを一言でおさらいすると、運用で得た利益がすべて非課税になる仕組みね。対象は株式と、株式に投資する投資信託。売却益や配当・分配金は普通なら約20%の税金がかかるけれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1887文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン