/

この記事は会員限定です

コロナ後の経営針路問う

株主総会ピーク628社、環境対策の要求目立つ

[有料会員限定]

3月期決算企業の株主総会が29日、ピークを迎えた。三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)やANAホールディングス(HD)など全体の27.3%にあたる628社が開いた。温暖化対策や新型コロナウイルス後を見据えたかじ取りについて株主の視線は厳しくなっている。経営者は株主の緊張が高まるなか、より丁寧な説明が求められている。

東京証券取引所によると、総会ピーク日の集中率は2017年の29.6%を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り776文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン