/

この記事は会員限定です

日本にデータセンター

印IT大手、情報保護需要に的

[有料会員限定]

インドのIT(情報技術)大手、ZOHOは9月にも東京都と大阪府でデータセンターを開設する。同社が日本にデータセンターを設けるのは初めて。今春にはLINEが一部のデータを韓国のサーバーで保管していることが判明。情報保護の観点から国内事業者のデータを日本で保管する需要が高まる中、金融機関や自治体などへの営業力の強化につなげる。

ZOHOは顧客管理や営業支援システムなどを販売しており、世界で約6000万...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り348文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン