/

この記事は会員限定です

地域金融の再編促す改正法施行

地銀の個性、熟慮の契機

[有料会員限定]

地域金融機関の経営統合や合併を後押しするため、補助金をわたす新たな制度をつくる改正金融機能強化法が7月に施行される。日本経済の長年の懸案だった地方銀行がようやく動き出すきっかけになるかどうか。地域の2番手以下のポジションで低収益にあえぐ銀行の反応が焦点だ。

呼応する動きはすでに出てきた。改正法の国会審議が大詰めを迎えた5月14日。青森銀行みちのく銀行が2024年に合併をめざすと表明し、福井銀行が10月に福邦銀行を子会社にす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り880文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン