/

この記事は会員限定です

UFO143件「実態不明」

米報告書「安保上の課題に」

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】米国家情報長官室は25日、未確認飛行物体(UFO)に関する報告書を公表した。主に米軍から2004~21年に報告があった144の事例を分析し、そのうち143件は「実態を解明できない」と指摘した。UFOを中国やロシアが開発した物体である可能性を排除せず「安全保障上の課題になりうる」とした。

報告書によると、UFOが上空で静止状態にあったり、外部から認識できる推進装置を備え付けてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り273文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン